iPhoneで撮影した動画を簡単にiPad miniへ移動、転送して保存する方法

iPhoneで撮影した家族の動画などをiPadの「iMovie」などで楽しく編集してみたいなんてことはありませんか?

写真などの画像については「フォトストリーム」の機能で簡単に移動させることができますが、残念ながら「動画」は現段階ではフォトストリームを使用することが出来ません。

iPhoneで撮影した動画をiPadにコピーするには

・iTunesを経由して
・Dropboxなどのクラウドサービスを利用して

といった方法などが考えられますが、iPhoneやiPadを使い始めたばかりといった方にとっては若干手順が複雑になるかもしれませんね。

今回はApple純正のアクセサリが必要になりますが、上記の様な「iPhone→iPad」間での動画の移動、転送をごく簡単に行う方法がありますのでご紹介してみたいと思います。

 

「Lightning – USBカメラアダプタ」を使って動画を移動する方法

使用するアクセサリはApple製の「Lightning – USBカメラアダプタ」になります。

Lightning - USBカメラアダプタ

※このアダプタは「Lightning」対応の「iPad」「iPad mini」専用になります。

 

「Lightning – USBカメラアダプタ」を使って動画を撮影したiPhoneをiPadに接続します。

iPhoneを接続

 

するとiPadの「写真」アプリが立ち上がり、iPhone内の画像や動画の読み込みを始めます。

画像と動画の読み込み

 

iPadに取り込みたい動画や画像を選択して「読み込む」→「選択項目を読み込む」の順にタップします。

動画の取り込み

 

iPadへの動画の取り込みが完了すると以下のメッセージが表示されますので、iPhone内の動画をそのまま残しておくか、削除するかを選択して下さい。

動画を削除する?

 

iPhoneで撮影した動画がiPadに保存されました。

保存完了

 

手順は以上になります。

 

簡単に補足しておきますと、今回の手順は「Lightning – USBカメラアダプタ」を使用することで、iPadにiPhoneを「デジカメ」として認識させている、ということですね。普段からデジカメなどお使いの方は同様にiPhoneも、といった感じで試してもらえれば良いんじゃないでしょうか。

 

それでは、iPadでの動画の視聴や編集など、思う存分楽しんで下さい^^ ではノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」 

ピックアップ記事

  1. photo credit: kosabe via photopin ccクレジットカードがな…
  2. 「Siri」の使い道はなにも「告白の練習」だけではありません! もしかしたら、最初はSiriさんと遊…
  3. 新しいiPhoneを購入したら古いiPhoneはどうされますか?Wi-Fi運用でiPod t…
PAGE TOP
バイト探し